看護師と投資

看護師×投資家、という生き方が有利な理由

投稿日:

ナス神様
こんにちは、ナス神です

いきなりですが、私は看護師をしながら投資家として暮らしています。

看護師としては週3だけ働いて、あとはコーヒーを飲みながら自宅のオフィスで投資案件を吟味したり、ニュースをチェックしたりする毎日です。

看護師として毎日あくせく働く日々が、もはや懐かしく感じますね。

私自身、投資だけで生計を建てて行くには程遠い程度ですし、看護師の仕事も嫌いではないので週3くらいで続けるのがちょうど良いかな、と思っています。

 

看護師×投資家、という生き方

看護師×投資家という生き方は、私にとってはものすごくマッチした生き方です。

看護師として働いた翌日は、基本的に自宅のオフィス勤務です。休みといっても過言でもありません。

私がメインで行っている投資は不動産投資なので、満室であれば特別やる事がありません。

やる事といえば

  • たまに管理会社と連絡
  • 本を読む
  • ニュースを見る
  • 退去が出ればリフォームの見積もり、依頼
  • 新しい投資案件の吟味

という感じです。

記事執筆時現在、アパートを2棟保有しており、家賃は毎月50万円ほど入ってくる状態です。

そのうち銀行から借りたお金を返済するのに、月20万円ほど返済しています。理論上、手元には30万円残ります。

看護師としては週3だけしか働いておらず、月25万円くらいの給料です。

合計すると、概ね毎月55万円くらいの稼ぎがあります。

なす子
す、すごい
ナス神様
そんな事ありませんよ

 

看護師×投資家が有利な理由

私は、看護師は「投資家」になるのに、非常に有利な職業だと思います。

理由は

  • 若い頃から稼げる
  • どこでも稼げる
  • そもそも稼ぎやすい
  • 銀行からの信用がある

からです。

まず、単純に「日本どこでも、それなりに稼げる」というのが最大の理由です。

あらゆる投資活動で、必要なのは種銭です。

元手がないと何も始める事ができません。

私自身、投資を始める前には手元に500万円ほど貯めました。1年100万円貯金して、5年かかります。

21歳からこれをやれば、26歳では500万円ほど貯める事ができるでしょう。

なす子
私みたいに散財している人はどうすれば?
ナス神様
今から少しずつ貯めましょう

看護師は若い頃から稼げるというのも、投資家になるには有利に働きます。

大学を卒業し、良い会社に入っても、新卒で最初の頃の給料はたかが知れています。看護師に負けているサラリーマンもたくさんいます。

しかし彼らが出世して、看護師の給料をいつか抜いて行くわけです。

逆にいえば、普通のサラリーマンよりも若くして稼げるのが看護師という職業なのです。

なす子
合コンで、私より稼げるサラリーマンを探すの結構大変なんだよね
ナス神様
それは言っちゃダメ

そして何より、看護師は銀行からの信用が非常に厚い。

不動産を購入するにあたって、ローンを組みますが、看護師は融資先としては固いと思われているので、低い金利ですんなりローンが通ります。

ナス神様
私も初めて融資が通った時、看護師免許に感謝しました

 

看護師×投資家、落とし穴もあるので注意

看護師×投資家という道も、決して安易な道ではありません。

落とし穴がたくさんあります。

大きく言うと

  1. 区分マンション(新築)
  2. 手数料の高い投資信託

辺りは、大きな大きな落とし穴です。

たくさんの看護師さんが、騙されている姿を見ています。

これらには十分注意して下さい。

関連記事

看護師が投資信託を選ぶ時の注意点

看護師が投資用マンションを買うと、99%失敗する

-看護師と投資

Copyright© ナス色の看護師達 , 2020 All Rights Reserved.