看護師やめたい 病棟看護師あるある

いい歳して怒られるし、クレームも多い…中途採用の看護師はつらいよ

更新日:

こんにちは、中途採用で行った病院が微妙だった、ライターのレナです。

いきなりですがあなたは今、自分の職場に満足していないのではないでしょうか

この記事を読んでいるということは、少なからず不満や悩みを抱えているはずです。

新しい職場、楽しい人間関係、キラキラと働く自分…

そんな事を思い描いていても、中々現実は厳しいもの。

中途採用は、土地やライフステージが変わった後、つまり転職後である事が多いわけです。結果的に思い描いていた理想とはかけ離れ、うまくいかないことって多々あります。

私も看護師7年目に、中途採用で総合病院へ転職しました。

前職は手術勤務だったので

まだまだ自分のキャリアを積みたい

とか

手術後の看護を学びたい

と思って、消化器内科・外科病棟での勤務をしました。

しかしそこで待っていたのは、中途採用の厳しい現実でした…

 

中途採用の看護師ならではの苦労、仕事をやめたくなる瞬間

中途採用で大変だった事はいくつかあります。

 

1、病院内の配置図が前の職場と被って覚えられない

中途採用ならではなのが、地図の把握が大変な事

前の職場の地図がどうしても頭に残っていて、中々新しい地図を覚えるのが難しいんですよね。

自分が受診したことのある病院ならまだしも、縁もゆかりもない病院だったら尚更。

まあ、歳をとったと言えばそれもそうなんですが…(笑)

おそらくこれは、総合病院へ中途採用した看護師なら誰もが経験するはず。

院内の施設がどこにあるか、という事だけではなく

  • 同じフロアでの部屋の場所
  • 物品の置いてある場所

など、最初は分からないことだらけでストレスを感じると思います。

私が転職した病院は日勤者の人数が多く、検査出し・処置への搬送等は全て受け持ち看護師が行わなければなりませんでした。

レントゲン、心電図、エコー検査、内視鏡室、CT、MRI…

消化器病棟は特に検査や処置が多いため、毎回場所を確認しながら搬送する日々です。

他スタッフに

うざい先輩
輸血出来たみたいだから取り行ってきてくれる?

と言われても輸血部がどこなのか、わかりません。

お局様
抗がん剤取りに行ってきて。

どこに?と心の中ですぐ聞き返してしまいます。

使えない後輩
リニアック出しに一緒に行ってくれませんか。

…(リニアック???リニアカーなら知っているけど…)

とプチパニック。笑

初めのうちは場所がわからなくても、誰かに聞けば教えてくれます。しかし何回も何回も聞いていると、だんだんと聞くのも億劫になりますよね。

だんだんと聞きづらくなってきた私は、病院内の配置図を片手に、ひっそりと探検隊のような日々を送っていました。

 

2、他のスタッフ同士がやたらと仲が良く声をかけにくい

医療の現場では必要不可欠となる報告・連絡・相談。

しかし中途採用後すぐの頃は、スタッフの名前も年も分かりません。

また、大抵の場合既にかなりスタッフ同士が仲が良く、看護学生時代からの友達…なんて事もあるので、なんというか「よそもの感」が自分に出てしまうんです

結果、誰にどう声かけて良いのかからず

これどうやるんだろう

と、疑問に思っても、気軽に聞けません。

しかしそこで声をかけれないようでは仕事になりません。中途採用の看護師は、ごりごりと声をかけていかなければいけません!

私はもう学生じゃない、新人じゃない

そう自分に言い聞かせ、勇気を出して声をかけました。

教えてくれた事は、すかさずメモ。こういう「仕事やる気ありますよ」という態度をわかりやすく表現するのも、意外と大事です

日々必死です。苦労しますよ。

 

3、中途ゆえに「ある程度できる」と思われてしまう

また、中途採用ではある程度前職での知識と経験があります。

しかし前の職場とは違い、新しい職場のスタッフ達は「私がどれくらい仕事のできる看護師か」という事を把握していません。

ですから自分がわかる事、できる事、わからない事、できない事をハッキリと伝えなければなりません

自分も相手も、お互いにどれくらいの知識や技術があるのか手探り状態で仕事を進めます。相手を過信してはミスも起こりやすいので注意が必要です。

お局様
もう〇年目だからこれくらいは出来るよね。

これも中途採用あるあるです。

何回聞いたかな、このフレーズ。

新人ではないため、たとえブランクがあっても「自信ない」とも「出来ない」とも言いにくいわけです。

中途採用での勤務が、憂鬱になってしまう要因の1つですね。

 

4、医師も中途採用の看護師にはぎこちない

看護師は医師の指示のもと動くことが多く、医師へ確認しなければならないことはたくさんありますよね。

なるべく中途採用の自分と、長年の付き合いのある慣れ親しんだスタッフ、差別せずに接して欲しいものですが、医師も1人の人間です。

中途採用の看護師を見ては

クセのある医者
誰だこいつ?

みたいな目で見られる事があります。

いざ勇気を振り絞って声をかけて見ても、そっけない態度。結構傷つくんですよね…。

私が担当している患者さんの事で何かあっても、私に直接言わず、別のリーダー看護師へ伝えることもちらほら。

先生、私ここにいます!直接言ってください!

と、心の声がこぼれ出そうになります。

医師も優しい医師ばかりではなく、癖が強いことが多いですよね。

慣れるまでは、ぐっと我慢することも幾度か…。心もどんどんドス黒くなっていき、今となっては真っ黒に仕上がりました。

中途採用で働いていくには、強いメンタルも必要です

 

5、その病院特有の組織・暗黙のルールを知らない

隣接した専門学校や大学があれば、そこからエスカレート式に就職先となることって多いですよね。

そうなると同じカリキュラムを受けて育ってきたもの同士、キャピキャピっと話も盛り上がります。

中途採用って、疎外感感じるときありますよね。

友人ナース
〇階に仲良い同期がいるんだけど〜

なんてこともありませんし。

長年同じ病院に勤務している御局様たちも

お局様
昔はこうだったよね。
お局様
それまだ建物が古いときだよね。

そんな話大好きですよね。中途採用の私からすれば、どうでもいい話なわけでですが。

そんな話を、聞き流すだけならまだ良いです。

働く中で困ってしまうことといえば、ごみの分別や検査出しの方法、各科医師の特徴などなど、病院の暗黙のルールを知らないこと。

うざい先輩
これは感染ゴミに見えるけど、一般ゴミで良いから!
お局様
朝1番のレントゲンじゃなければ、連絡が来るまで待っててね。
使えない後輩
〇〇先生は遅くなるけど絶対指示出してくれるから、待ってれば良いですよ。変に連絡すると怒りますし。
うざい先輩
これ食後血糖ってあるけど、外来から出てるから入院中は食前に取れば良いんだよ、だからとって

私としては

そんなん知らないわ!!!

と、心の中で悪態をついてしまうことばかりでした。

でもそこは中途採用。その病院のルールを1つずつ覚えていくしかないですよ

暗黙の了解で行われているものって、慣れるとわからなくなってしまいますが、たくさんあると思います。

 

6、入退院の処理や記録方法が前の職場と違う

これも暗黙のルールに近いです。

病院によって紙カルテだったり、電子カルテだったり、カルテの記載方法が異なります。また電子カルテでも、採用されている電子カルテの種類が違うと、操作方法は全く異なります。

入退院時にやるべきことを覚えるのも一苦労…。

記録に関しても、経時記録もあれば、看護計画に沿ったSOAP記録もあるわけです。

ベースとなる看護問題も様々。

働き出した当初は

お局様
〇〇さん、これが入力されてなかったけど。やり方わかる?

など、翌日朝1で言われることもあり、大変でした。

中途採用者って、新人同様目がつきやすい立場ではあると思うんですよ。若年者なら尚更。

まぁそれも仕方ないと思っていますが…。

私のいた病院は2次救急病院であったため、緊急入院も多く、入院時のルーチンワークを「落ち度なくいかに手短に行えるか」が勝負でしたので、必死に覚えました。

 

7、中途採用の看護師はなんとなく休み希望が取りにくい

私の勤務した病院は、休みの希望は必ず聞いてくれました。

そこはとってもありがたかったのですが、こわーい師長様より

お局様
休み希望は1日何人まで。
お局様
希望は1人〇個まで可。

上記のような忠告がきまって毎度入るわけです。

総合病院の勤務表作りが大変なのは、重々お察しします。

締め切り内であれば、いつ何時でも自由に希望を書き込むことが出来ました。

しかし!そこは中途採用!あまり出しゃばるのも、なんだか気が引けてしまいます。最初のうちは周りのスタッフの様子見様子見で、締め切りぎりぎりにひっそりと書くこともありました。

ましてや私は子供もいなかったわけですから、「参観会」「運動会」なんて書かれてしまうと、休みを譲るしかないのかなと思ってしまいます。

中途採用者は、あんまり意気揚々と休み希望も取れないのが現実です

「なるべくひっそり、でしゃばらず。」これが私のモットーでした。

そんなところも中途採用者が苦労する1つなのではないでしょうか。

今となっては病院の色に染まってしまったのか、居心地も良くなり、妊娠を機に退職をする際は寂しさを感じるようになりました。

給料はよく、福利厚生はしっかりしている病院であったこと、また中途採用者もしっかりラダーで教育プログラムがあったことは、良かった面として挙げられます。

中途採用はどこにいっても最初は苦労するものです

それを分かっている上でも、自分に合ったより良い環境を求めて転職するんですよね。

働く場所はたくさんあります。

自分のスキルアップのため、生活のため、転職する理由は様々だと思いますが、自分に合った職場環境って必ず見つかると思うんです

そんな素敵な職場が見つかると良いですね。

看護師の転職会社のオススメはどれ?

-看護師やめたい, 病棟看護師あるある

Copyright© ナス色の看護師達 , 2019 All Rights Reserved.